結婚式のムービーをWindowsムービーメーカーで作成

自分が生まれた頃に撮った写真から始まり、育っていく様子と家族や友人たちとの写真を音楽とメッセージを乗せてDVDにしました。
結婚式のエンディングに使うためです。
自分と相手の子供の頃の姿や、もう亡くなってしまったおじいちゃんたちに抱っこされている姿、懐かしい友人たちとの写真を見返して、楽しみながら選びました。
デジカメで撮った最近の写真は、すぐにパソコンに入れて作業できましたが、昔の写真はスキャナーでパソコンに取り込んでトリミング作業をしました。色合いもほとんど変わらず、古いカメラで撮った写真特有の昔っぽさはありますが、綺麗にパソコンに取り込むことができました。
写真が揃ったので、画像が下から上へ流れていくような演出を作りたいと考え、無料のWindowsムービーメーカーをダウンロードしました。

また同時に結婚式に参加してくれる予定の親族や友人、来賓の方へメッセージを入れたいと考えて、同時に流れていく演出にしようと思いました。文字もこだわり、映画風の変わった形の無料フォントをダウンロードし、利用させてもらいました。
作業は思っていた以上に簡単にできましたが、完成までには時間がかかりました。
写真を流す速度と、文字を流す速度のバランスを考えたり、曲の長さを考えたりと、細かい調整が必要でした。
無事に、結婚式までにDVDは完成し、エンディングに流してもらうことができました。
DVDの作成は初めてでしたが、なんとか作り上げることができました。今このDVDは結婚式の思い出グッズの中で保管されていますが、いずれまた時が経ってから見てみたいと思っています。”

Windowsムービーメーカーで動画を作成

私は両親の結婚25周年の銀婚式時に、お祝いとして結婚式を挙げていなかった両親にささやかな結婚式をプレゼントしたことがあるのですが、その時にありがとうという感謝をこめて、写真や音楽や映像をまとめて添えたものをDVDとして自己制作して流してもらったことがあります。
初心者にはコレだとネットで見て、Windowsのムービーメーカーをダウンロードし、アルバムから厳選して取り込んだ写真を使用したのですが、使いたい思い出深い写真が多すぎて迷い、その選定に時間を要したのを覚えています。
写真を取り込む作業は簡単だったけれど、動画を取り込む際に手こずりましたが、私にしか作れない・同じものは1つとしてこの世に存在しない映像を見て両親が涙を浮かべてありがとうと言ってくれた瞬間は嬉しく、DVDとして形に残して渡して良かったと心から思えます。

また、私は20年間常に2羽の手乗りセキセイインコを途絶えるごとに飼育し続けているので、複数のインコたちとの思い出深い写真が沢山あり、その写真を厳選して20年間のペット思い出映像としてDVDに作成して形に残して見ています。
DVDはメディアパスに入れておけばかさばらないし録画可能時間も長いため、このような形で思い出を凝縮したものにして他者に渡せるし、気軽に見れるところが素敵です。

写真は念のために2つのUSBに保存しています。
作成したムービーは、DVDに残しつつwmvファイルを作っています。
今は時間をかけて、過去に飼育した1羽1羽のインコのDVDを少しずつ作成しているところです。
将来私に子供ができれば、子供の成長記録としてオリジナルムービーを作成できたらいいなあと思っています。