ウイルスで写真を失った経験を活かして

私は数年前まで、デジカメやスマホで撮った写真がたまったら、ただパソコンにデータを移行するだけでそれ以外にバックアップを取っていませんでした。
あるとき、以前撮った写真を見ようとしたら、パソコンがウィルスに感染したようでデータが破壊されていて見ることができなくなっていました。
そのようなことは初めてだったので、とてもショックでした。
今までの思い出が全部消えてなくなってしまったような気分にさえなりました。
そのときの手痛い失敗から学んで、それ以降はきちんとデータのバックアップを取るようになりました。

とりあえずは自宅にあったメモリカードで保存していましたが、すぐにデータがいっぱいになってしまったので、今は1年ごとにDVD-RWに入れて保存しています。
DVD-RWは一度しか書き込みのできないDVD-Rと違い、何度も書き換えができるのでたいへん便利です。
値段も安いし、専用のケースに入れておけばそれほど場所も取らないので気に入っています。
年ごとに分けているので、見たい写真もすぐに探すことができます。

また、結婚式などのイベントや海外旅行の写真など特別なものについては、専用のDVD-RWを1枚当てて保管しています。
同行者に渡しても喜んでいただけます。
バックアップの方法は、他にも外付けHDDを使ったり、オンライン上で保管したりする便利な方法もあるようですが、アナログ人間なのでDVD-RWの手軽さが私には合っているようです。